血糖値が下がると眠気が起きるのはなぜ?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

血糖値が下がると眠気が起きるのはなぜ?

血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が下がると、なんで眠気が起きるのでしょうか?

その理由は、血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が下がって、脳のエネルギーとなる血糖が不足してしまうと、体は脳を休ませようとしてしまう為、眠気が起きてしまうんです。

また、血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が上がってしまっても、眠気は起きます。

その理由は、食事をした後は、インスリン(糖尿病の治療には欠かせません)が分泌されるので、眠気が起きてしまうのです。

腹部いっぱいになると、眠たくなりますね?

それは、インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)が分泌されるからなんです。

では、どうすれば眠気が起きないかと言えね、血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)をあまり上げたり下げたりしないようにすることです。

あまり糖分(糖質とも呼ねれます)を摂取し過ぎると、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が上がり眠くなります。

むしろ糖分(糖にも様々ありますが、ブドウ糖であるグルコース、トレハロース、キシリトールなどが有名でしょうか)を摂らないと、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が下がって眠くなるのです。

血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)の変動を抑えるには、きちんとご飯を三食食べる事によりす。

一気に食べるのはよくありませんので、気をつけてください。

また、間食(高カロリーのものを食べると、夕食が食べられなくなり、栄養が偏ってしまうでしょう)はよくないのです。

そして、食事のみならず、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)をしっかりとる事も大切なのですね。

血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が下がって眠気が起きたとしても、そんなに大したことじゃないよ、などと思ってありませんか?

でも、あまりに血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が下がりすぎると、カロリーが不足して、脳の機能が停止するということもあり得ます。

それは、つまり、死を意味します。

ですから、規則ただしい生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を送り、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が下がらないように気を付けて下さい・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE