運動すると血糖値は下がるの?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

運動すると血糖値は下がるの?

運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)を行うようにすると、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)は本当に下がるのでしょう?

運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をする事によって、血液中にあるブドウ糖(多くの生き物のエネルギー源になる物質として知られています)が、筋肉細胞に取り込まれます。

そうすると、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)は下がるになるものです。

運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)にも色々な運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)があるとは言え、一番よい運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)は、有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)です。

ジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)や水泳、ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)と言った有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を行うと、効率良く血液中にある糖や脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)を消費する事ができます。

運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)は血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げるだけでなく、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を燃焼し、ダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)効果もありますし、筋肉をつける事が可能です。

筋肉がつくと、基礎代謝の量を高める事ができるでしょう。

基礎代謝量(何もしない状態、例えね、寝たきりの状態でも消費するエネルギー量のことをいいます)が高くなった場合、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)も下がってきます。

また、食事の後に簡単な筋トレ(最近では、体幹を鍛える体幹トレーニングが特に人気ですね)を行うと、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)を下げることが可能な為、血糖値を下げるには、食事の後に運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)するのが一番です。

ですから、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)が高めの方には、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)が大変効果的と言われているのです。

但し、あまりハードな運動ではなくて、適度な運動が効果が期待できます。

気が向いたときに運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をするのではなく、できれば毎日運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)する事をすればより効果が実感可能となっているのです・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE