塩分を摂り過ぎると血糖値があがる?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

塩分を摂り過ぎると血糖値があがる?

塩分を摂取しすぎると、血糖値が上がると思ってらっしゃる方が珍しくありません。

実は、塩分をとり過ぎたからといっても、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)は上がりないでしょう。

塩分は栄養分ではなく、エネルギーにもなりません。

しかし、塩分で血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が上がらないからと言って、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)が高めの人でも、塩分を沢山摂っても良いというわけではないのです。

血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が高い方は、血管障害を起こしやすいので、塩分を過剰に摂取すると、脳梗塞(脳細胞に栄養を供給する動脈が何らかの原因で狭くなったり、詭まったりすることが原因で、脳細胞が壊死してしまうか、壊死に近い状態になることをいいます)や心筋梗塞(発症する?日前にも強い痛みを感じることが多いといわれていますが、感じないこともあるそうです)になる可能性が高くなるんです。

塩分をとり過ぎると、血液がどろどろになり、血液の流れが悪くなるのです。

ですから、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が上がるのではなくて、血圧が高くなる訳です。

よって、脳梗塞(脳細胞に栄養を供給する動脈が何らかの原因で狭くなったり、詭まったりすることが原因で、脳細胞が壊死してしまうか、壊死に近い状態になることをいいます)や心筋梗塞(普通は突然起こり、入浴の前後や運動の後などに起こりやすいでしょう。脱水症状が引き金になることも多いようです)の他にも、心不全(急性心不全の場合、呼吸困難から死に至ることもあるでしょう)、腎不全(腎臓の機能が30%以下に低下してしまった状態をいいます)を引き起こしたりするケースもあるかもしれません。

血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)が高い方も、血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)が高めの方も、塩分の摂りすぎは体によくないでしょう。

それに、健康な方でも、塩分のとりすぎがダメだのはいうまでもないでしょうね。

普段から食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)には気をつけて、塩分のとり過ぎには注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)して下さいね・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE