血糖値を下げるお茶がある?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

血糖値を下げるお茶がある?

血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)を下げるお茶が沢山発売されているので、大人気のお茶を3つご説明したいと思います。

・大塚製薬の賢者の食卓

・アサヒの食事とともに十六茶

・大正製薬のグルコケア

これらの三つは、血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)を下げるお茶として、人気のお茶ではないかと思います。

一つ目の、大塚製薬から出ている賢者の食卓と言ったお茶だからって、賢者の食卓は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)の上昇をゆるやかにしてくれるはずです。

賢者の食卓は、顆粒タイプのお茶で、また無味無臭ですから、ジュース(野菜ジュースを手作りするのは健康にいいといわれています)などに混ぜて飲むことが可能なお茶です。

2つめの、アサヒから出ている食事と同時に十六茶かといって、十六茶というと、皆様もごぞんじのお茶ではないでしょうか?

この食事と共に十六茶は、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)対策のお茶の中にも大変に人気のお茶です。

クセがなく、とてもおいしいお茶なので、大変飲みやすいと、好評なお茶と呼ねれているのです。

三つ目の、大正製薬から出ているグルコケアは、糖の吸収をおだやかにしてくれるので、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)の上昇を抑制効果のある効果があるといわれています。

このグルコケアは、食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)も摂る事ができて、味もおいしいため、とても人気があります。

これらのお茶は、どれも特定保健用食品と言って、国が認めているお茶ですので、不安がなく飲む事ができる血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)対策のお茶です・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE