インスリン注入器 種類

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

インスリン注入器の種類について

インスリン治療に利用してみるインスリン(糖尿病の治療には欠かせません)注入器の種類(時には新しく発見されることもあるようです)は、大きく分けて三種類あるのです。

・一体型

・交換型

・バイアル製剤とインスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)専用シリンジ

一体型には、ペン型や単位合わせダイヤルがついた特殊型があって、今のインスリン(インシュリンともいいますね。ペプチドホルモンの一種で、血糖値を一定の値に保つ働きがあります)治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)の主流になっている注入器はペン型です。

ペン型の中にも、インスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)カートリッジと注入器が一体になっている物と、交換型のタイプの物があると思います。

どちらのタイプも針は使い捨てになっており、必要量のインスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)を目盛りできちんと合わせて、正確に自分で注射できます。

注射する部位は主に腹部です。

針はたいへん細いので、一般的に想像される注射よりも痛みは少ないです。

ペン型の物が携帯(最近では、小学生に持たせる親も少なくありません)に便利なこともあって、最も普及しています。

インスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)専用のシリンジを使用する場合は、バイアル製剤を使用します。

バイアル製剤の瓶からシリンジでインスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)を吸引して使用するのです。

手間が掛かってしまうと言うこともあります言う事もありますし、ちょっとしたコツもいりますので、慣れないうちは注射するのが少し難しいかもしれませんね。

一体型の特殊型の注入器は、目盛りなどが見やすくなっているので、高齢の人や視力の弱い方でもインスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)の量を間違えずに注射可能になりました。

握る部分も注射しやすいようにデザインされている為、体の不自由(色々なことを制限されていると切望するものです)な方や握力の弱い方でも正確に注射できるようです。

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE