GLP-1って何?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

GLP-1って何?

GLP−1とは、二型糖尿病の治療薬として注目されている消化管ホルモンで、グルカゴン様ペプチド(リボソームペプチド、非リボソームペプチド、消化ペプチドの三種類に分けることができるでしょう)−1(Glucagon−like peptide−1)の略です。

1983年に発見されたもので、GIPと同様に、インクレチンと呼ばれているでしょう。

それでは、具体的に、糖尿病の治療にどうやって良いかを説明していきます。

GLP−1には、インスリン(インシュリンともいいますね。ペプチドホルモンの一種で、血糖値を一定の値に保つ働きがあります)の分泌を促す作用があります。

したがって、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げると言う方向に働きます。

それに、血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を高めるグルカゴンを抑制する働きもあるのですし、胃腸の働きを遅くしたり、脳への働きかけで食欲を抑える作用もあるでしょう。

また、インスリン(インシュリンともいいますね。ペプチドホルモンの一種で、血糖値を一定の値に保つ働きがあります)を生成するβ細胞を再生したり新しく作ったりするような作用もあるでしょうから、インスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)の分泌を促進するだけではなく、さらなる効果もある事です。

二型糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)は、単純にインスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)が出なくなるのではなくて、インスリンを出すβ細胞が少しずつ長期にわたって失われていくという疾患なのです。

GLP−1を使った治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)で、β細胞が失われていくのを阻止したり、インスリン(分泌量が低下すると、糖尿病になってしまうこともあるでしょう)の分泌を促す事は、二型(危険な合併症を発症する前はさして不快な症状を感じないことも多く、患者本人がマジメに治療に取り組まないケースも少なくないようです)に取ってはとても有効な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)になるものです・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE