糖尿病 インスリン注射 方法

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

糖尿病インスリン注射の正しい方法とは?

糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)のインスリン(グルコースやアミノ酸の取り込みを促進したり、タンパク質の分解を抑制したりと様々な働きを担っています)療法の注射の正しい方法について説明します。

インスリン注射を打つ部位は、腹部の皮膚を皮下脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)ごとつまんで、そこに注射するのが一般的です。

ですが、最近の注入器はペン型が主なため、腕や太もも等にも注射することができます。

皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)と筋肉の間の皮下組織に打ちますし、針も細くなっていますので痛みはさほど無いといえるでしょう。

注射の際の針を刺す角度は、45度〜90度です。

皮下脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が厚い場合は90度くらいの角度で、皮下脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)が薄い場合は45度くらいの角度で針を刺してください。

打つ場所に関しては、お腹、二の腕、太ももが良いとされています。

しかし、二の腕はつまむのが難しいため、お腹や太ももに打つ方が多いようです。

毎回2センチから3センチくらいずらして針を刺して、同じ部位に注射しないように少しずつ針をさす部位を変えてください。

その他の注意事項もいくつかあります。

・必ずインスリン(グルコースやアミノ酸の取り込みを促進したり、タンパク質の分解を抑制したりと様々な働きを担っています)単位を守る

・白く濁っているインスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)製剤の場合は必ず使用前に均一に混ぜ合わせること

・空打ちをして、インスリンがしっかりと出ているかを確かめる事

いずれにしても、最初に医師や看護師から注射の正しい方法(打ち方)について説明がありますので、注意点も含めて納得いくまで話を聞いてください。

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE