hbalcの正常値ってどれぐらい?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

hbalcの正常値ってどれぐらい?

HBALcの正常値は、以下の通りです。

・4.6〜6.2%(NGSP)

・4.3〜5.8%(JDS)

HBALcの値は、平成24年四月一日から国際基準値(NGSP)へと変更されるのです。

これまで国内では、JDSの方が浸透していましたので、混乱しないように注意してくださいね。

JDSの数値に0.4を足したものが、NGSPでの数値だと覚えておくといいかもしれません。

健康診断などで一度でも血糖値(血糖ということもあるでしょう)が高めだと言われていてたことのある人は、定期的に測定してもらうようにして、HBALcの数値をチェックする機会を増やして下さいね。

知らぬ間に合併症(糖尿病や高血圧、インフルエンザなどには、それぞれ発症しやすい危険な合併症があります)が進んでしまうのが、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)の怖いところです。

定期的なHBALc値の測定が、糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)の進行やその合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)を防ぐ事へと繋がるでしょう。

糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)は死に至ることもある恐ろしい病で、放置していて自然に良くなる事はないでしょう。

HBALc値が正常値を超えていればいるほど、合併症(合併症を防ぐためにも、なるべく早く体の不調、疾患などを治療した方がいいでしょう)を発症する危険性が高まることでしょう。

少し高めのうちに生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)改善などを行い、HBALc値を正常値に戻した方がいいでしょう・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE