インスリン製剤 種類 特徴

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

インスリン製剤の種類と特徴について

インスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)製剤にも種類があります。

作用の現れる時間、作用のピーク時間、作用の持続時間などで種類(時には新しく発見されることもあるようです)が分かれていると思います。

超速効型、速効型、中間型、混合型、遅効型(持続型)、持効型と言った種類(時には新しく発見されることもあるようです)に分類(難しい名前が付いていることもよくあります)される事が多いはずです。

超速効型は、発現時間が0.1〜0.四時間で、最大作用発現が0.5〜1.5時間、持続時間は3〜5時間になります。

代表的な製剤しては、ノボラピッドやヒューマログなどが挙げられるでしょう。

速効型は、発現時間が0.5〜1時間で、最大作用発現が1〜3時間、持続時間は6〜8時間のだとか。

代表的な製剤は、ノボリンR、ヒューマリンR、ペンフィルR、ノボレットR、ヒューマカ(「小さな鱗片」という意味を持っていて、ハーブとして根を使います)ートRなどですね。

中間型は、発現時間が1〜3時間で、最大作用発現が8〜10時間、持続時間は18〜二十四時間んですね。

代表的な製剤は、ノボリンN、ヒューマリンN、ペンフィルN、ヒューマカ(一度栽培するとその土地は?年間何も栽培できないくらい土の中の栄養素を吸収して育ちます)ートNでしょう。

混合型は、発現時間が0.5〜1時間、最大作用発現が2〜10時間、持続時間は18〜24時間かもしれませんね。

ノボリン30R、ヒューマリン3/7、ペンフィル10R〜50R、ノボレット10R〜50R、ノボラピッド30ミックスなどが混合型の代表的な製剤です。

ノボラピッド30ミックスのみ、発現時間が0.1〜0.4時間と短くなっているのです。

遅効型(持続型)は、発現時間が4〜6時間で、最大作用発現が8〜二十四時間、持続時間は24〜28時間になります。

代表的な製剤は、ノボリンU、ヒューマリンUなど。

持効型は、発現時間が1〜2時間で、明らかな最大作用発現はないでしょう。

持続時間は二十四時間とされていて、代表的な製剤はランタスです。

適切なインスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)製剤を使い、健康的な人のインスリン(糖尿病の治療には欠かせません)分泌のパターンに近付ける事によって、体質を改善していきます。

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE