インスリン治療 良い点 悪い点

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

インスリン治療の良い点と悪い点

糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)治療の際に欠かせないインスリン療法にも良い点と悪い点があります。

インスリン療法は、糖尿病患者にとって、たいへん効果的な治療法だと言えるのではないでしょうか。

生きていく上で欠かせないホルモンであるインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)が不足してしまったりする病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)です。

ですので、インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)療法で分泌量が足りないインスリンを補充してあげることが必要になってきます。

インスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)を補充すると、確実に血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が下がりますので、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)効果は大と言えますよね。

近年では、常にインスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)を出そうとして疲労している膵臓(人間の体内で三番目に大きい臓器で、肝臓の次に大きな消化腺です)を休ませる意味でも、早いうちにインスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)療法を取り入れるケースも多くなっているようです。

以上のように、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)治療において非常に有効であるインスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)療法は、糖尿病患者にとって欠かせない治療方法です。

しかし、なかには自分でインスリン注射するのが怖い、注射が痛いなどと言ったマイナスの考えもあり、インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)注射を自分で打つことに抵抗を感じる方が少なくありません。

「インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)を打つことは最後の手段なのではないだろうか?」と思う人も多く、マイナスのイメージによって、取り入れるのを拒否する人もいるというのが、インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)療法に対する悪い点(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)の一つでしょう。

でも、先ほども述べたように、近頃では、体の負担を軽減しようという考え方で早目にインスリン(分泌量が低下すると、糖尿病になってしまうこともあるでしょう)療法を取り入れるケースもありますので、必ずしも糖尿病が進んでからインスリン治療を始めるとは限りません。

体の負担を少しでも減らせるように、インスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)療法を勧められた場合には、最初から拒否せずに、前向きに検討されるといいででしょう。

インスリン(血糖値の上昇を抑制することでよく知られており、糖尿病の治療には必要不可欠です)療法は、注射するインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)の量を間違えた場合、それが多くても少なくても低血糖や高血糖(血液の中のブドウ糖、グルコースが多い状態です)の原因になりうる為、非常に危険です。

かといって、打つ量(単位)を間違えなければ、すごく有効な治療方法ですので、医師からの指導通り、慎重に打つようにしましょう。

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE