hbalcって何?

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

hbalcって何?

HBALcとは、グリコヘモグロビン(一酸化炭素の方が酸素よりも強くヘモグロビンと結合する性質があります)の一種で、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)とは密接な関係があるのです。

読み方は、「ヘモグロビン(肺で酸素と結合、抹消組織で放出して酸素を運搬しています)・エイワンシー」です。

高血糖(血液の中のブドウ糖、グルコースが多い状態です)状態が続いてしまった場合、血管内のブドウ糖(デキストロースと呼ねれることもあり、単糖になります)が増えていきます。

血管内の増えすぎたブドウ糖(果実や蜂蜜、体液の中に存在し、常温では白い結晶です)は、血液中の赤血球の蛋白と結合して、グリコヘモグロビン(ヘム間相互作用によって、酸素の運搬効率を高めているのだとか)だといわれています。

その中でも、HBALcは糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)の診断に用いられる事から、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)とは緊密な関係にあると言った事なのですね。

HBALcは、採血したその日・その時間の血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)ではなく、過去である1〜2カ月前の血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を測定することができます。

その日だけ血糖値(インスリンの分泌に問題があったり、反応に問題があっても高くなります)が上がっているとか、逆にその時だけ下がっている等ということではなくて、1〜2カ月前からの平均的な血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)を調べることができるので、HBALcの値はとても有効な診断材料になるわけです。

そして、近年の糖尿病の治療では、このHBALc値を下げることを目標に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を進めていきます。

第一目標値としては、6.5%以下にする事で、合併症(ある病気が発端となって、別の病気を発症してしまうことをいいます)の予防ができるようになるのです。

目標値を達成した後は、お医者さんと相談して、更に、下げて行きてください・

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE