糖尿病 インスリン注射 単位 投与量

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

インスリンの”単位”とは1回の投与量

インスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)の単位とは、注射する際の投与量を”単位”と表現しています。

つまり、インスリン注射(万一の低血糖に備えて、注射の際は必ずブドウ糖を用意しておくようにしましょう)をする時のインスリン(グルコースやアミノ酸の取り込みを促進したり、タンパク質の分解を抑制したりと様々な働きを担っています)の量を単位と表現しています。

インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)1単位は、0.01mlです。

つまり、10単位であれば0.1mlで、100単位とは1mlということですね。

以上のように、1単位の量が決められているのは、国や製剤によって、一定の効果が期待できるようにするためです。

以前は量がしっかりさだめられていなかったために、効果にバラつきが生じることもあったようです。

現在は明確に決められていますから、インシュリン(細胞膜に存在しているインスリン受容体と結合することで、ブドウ糖が細胞内へと取り込まれるでしょう)の単位を間違えない限り、安定したインスリンの投与が出来ると言えるでしょう。

安全にインスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)療法をするためには、単位数を間違えて、多い量のインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)を注射したり、逆に少なくなったりしないように、きちんと確認して注射をすることが大切です。

インスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)療法に使用している注入器は、単位で目盛りが表示されていますので、自分で注射をする患者さんにとっては、とても使いやすい表示になっているといえるでしょう。

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE