インスリン 血糖値 糖尿病

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜

インスリンの働き・作用について

血糖値が気になる方や糖尿病治療中の方は、おそらくご存知と思われるインスリン。

インスリンとは、すい臓から分泌されるホルモンのことです。

このインスリンには、血糖値を下げる働きがあるんですが、インスリン以外に血糖値を下げる働きがあるホルモンはないのです。

ですので、インスリンが分泌されなければ、血糖値を下げることはできません。

私たちは通常、食事をすると血糖値が上がります。

血糖値が上がると、すい臓からインスリンが分泌されて、正常な血糖値へと戻します。

食後になってもインスリンが分泌されず、血糖値がずっと上がったままの疾患が糖尿病です。

糖尿病の方は、インスリン注射を行なっている方がおおいと思います。

インスリンがすい臓から分泌されない(分泌されtも量が少ない)ので、インスリンを自ら注射で投与することによって血糖値を正常に戻しているのです。

血糖値が高い方でも、インスリン治療で血糖値が下がれば治療をやめることはできますが、インスリンが分泌されない方は、治療を続ける必要があります。

血糖値が上がったままだと糖尿病になるので、私達の体にはインスリンの分泌が必要不可欠なのです。

自宅で5分!
糖尿病がスゥ〜と改善した人が続々!

最新「青坂式」
〜糖尿病改善プログラム〜



TOP PAGE