インスリンの副作用のひとつである低血糖とは?また、種類や単位について

インスリン注射を打つことが面倒になった糖尿病患者が、 ある食事療法3日だけ続けた結果、300以上あった血糖値が凄いことに・・・・

インスリンの副作用のひとつは低血糖

インスリンの副作用に心配する中高年の糖尿病患者糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)の療法として、インシュリン注射(万一の低血糖に備えて、注射の際は必ずブドウ糖を用意しておくようにしましょう)があります。

インシュリン(体にとっては必要不可欠なホルモンの一種ですが、時にはダイエットの妨げともなってしまいます)は、血糖値を下げる作用のあるホルモンです。

糖尿病はこのホルモンの分泌能力の低下が主な原因です。

インシュリン注射(最近の主流は、万年筆型の注入器で、手軽に持ち運ぶことができます)は、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げる効果が大きく期待できます。

血糖値を下げる効果があったとしても、その副作用を心配されている方も多いのではないでしょうか?

効果が高い薬ほど、副作用が起きる可能性も高いといえるでしょう。

実は、キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げることができる食事療法があります。

「血糖値を簡単に下げたい」「きつい食事制限や運動は続かない・・・」とお悩みの方に、「日本食養の会」会長がお伝えする、

>> 藤城式糖尿病改善食事法 <<

インシュリン注射(万一の低血糖に備えて、注射の際は必ずブドウ糖を用意しておくようにしましょう)で、最も良く聞く副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)は、低血糖症(何らかの要因で、血液中の糖の値が1デシリットルあたり約50ミリグラム以下になることをいいます)です。

インスリンは血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げるのが目的なのですから、下がるのは当然ですが、基準値以上に下がり過ぎてしまっても困ります。

低血糖状態になると、無気力になったり、集中力(雑音が気になるようなら、環境音楽をきいたり、耳栓をするのも有効です)がなくなったりしてしまうのです。

低血糖発作を起してまうと、意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)が朦朧としたり、酷い場合は昏睡を起こしてしまいます。

ですから、低血糖を起こしたときの対処方法をよく知っておくことは大切です。

予め医師から説明を受けて、いざという時に的確に対処できるようにしておきましょう。

また、アレルギーも副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)としてあげられるのです。

それに、インシュリン注射(腕や太ももに注射することもできますが、腹部に注射するのが一般的なんだとか)で、赤みやかゆみを発する場合もあるようです。

注射を同じ部位に打ち続けると、その部分の皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)が硬く変化していってしまいます。

加えて、体の中で分泌された物ではないインシュリン(細胞膜に存在しているインスリン受容体と結合することで、ブドウ糖が細胞内へと取り込まれるでしょう)を体に投与するとあって、場合によってはインシュリン抗体が生産される場合があって、コントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)がしにくくなるかもしれません。

このように、インスリンには副作用の可能性がありますので、使用する場合は、ドクターと十分に相談しながら慎重に治療を行ないましょう。

低血糖以外に懸念される副作用とは?

インスリンの副作用について医師から説明を受ける男性すでにお話したようにインスリンにも副作用の可能性があります。

・低血糖

・アナフィラキシーショック

・血管神経性浮腫

インスリンには、このような深刻な副作用があるのです。

インスリンは、血糖値を下げるホルモンですので、一番考えられるのは血糖値が下がりすぎて、低血糖になることです。

そして、アナフィラキシーショックですが、これは呼吸困難や血圧低下、発疹などの症状がみられます。

血管神経性浮腫が起きることもあり、これは浮腫むといった症状がみられるでしょう。

この時浮腫むのは全身であったり、体の一部であったりします。

口の中に血管神経性浮腫が見られることもありますが、この場合は呼吸困難になる可能性もあるので、気をつけなければなりません。

インスリンの副作用はこの他にも、過敏症や食欲不振、肝機能障害、嘔吐などがあります。

インスリンの副作用を心配されている方も多いと思います。できれば、インスリンなしで血糖値を下げたい・・・とお思いの方が多いでしょう。

しかし、危険なばかりの薬ではありません。

薬の服用・投与の際には、きちんと用法・用量を守って医師の指示通りに行ないましょう。


血糖値が3日で改善できる方法!?
「いや、そんな方法あるはずない・・・・」半信半疑でその運動療法3日間ためしてみるとなんと主治医もびっくりする結果に!



TOP PAGE